英語で "Who are you?" はとっても失礼!/「どなた様ですか?」の丁寧な言い方| 翻訳会社が送るニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』

英語で "Who are you?" はとっても失礼!

英語で "Who are you?" はとっても失礼!/「どなた様ですか?」の丁寧な言い方

英語で「話す」ことは日本の人たちにとって、特に努力奮闘が必要となる課題です。その中でも電話での英会話はたいへんなようです。特に初めての英語の電話。

ちょっと想像してみましょう。

ある日電話があって、出たら相手が英語で話しかけてきた、でも誰が話しているかはまったくわからない。あなたなら、どうしますか?

ある私の知り合いは僕からの英語の電話に答えようとしたら、つい、

"Who are you?"

と言ってしまいました。「僕だよ!」と大笑いして伝えたんですが、あれは本当におかしかったです。どこがそんなにおかしかったのか、わかりますか?

(English version for international readers will follow the Japanese content)

疑問代名詞の "who" は「だれ」です、が...

一般的に、英語の疑問代名詞の "who" は、日本語の「だれ」と一致するので、日本語から英語に直訳するのは難しくないでしょう。

今、友達のパーティーにいるとしましょう。日本人の中にも外国人が何人か交じっています。これは新しい友達を作ったり英語をちょっと練習したりするチャンスに違いません!

で、部屋の向こう側で立っている人を指さしながら、そばにいる友達に "Who is he?"「彼は誰?」と尋ねます。簡単ですよね?もしパーティーの参加者が多くてはっきりと特定するのなら次のようなフレーズも便利です。

"Who's that guy over there?"「あそこにいる男の人誰?」

"Who's the girl in the pink dress?"「あのピンクのワンピースを着ている女の子ってだれ?」

それから、その子に初めて近寄って名前を聞くには..."Who are you?"...でしょうか?

No! やめてください!だいなしです!

"Who are you?"は「あんた誰?」

第三者が誰であるかについて聞くのは、簡単です。疑問代名詞と人称代名詞で "Who is she?", "Who is he?", "Who are they?" などのように言えます。ただし、一つだけの例外、このパターンで使ってはダメな代名詞は "you" です。

意外なことですが、面と向かってでも電話でも、相手に "Who are you?" と尋ねるのは失礼とされています。

この "Who are you?" フレーズは主に口論のような場でよく使います。もし私が "Who are you?" と言えば、ちょっと身構えた気持ちで、相手を信頼できるかどうかまず分析したい、というようなニュアンスが入っています。

例えば、もし泥棒や空き巣が窓から家に入って、あなたに不意にキッチンで出会ったら、あなたはきっと "Who are you?!"「いったい何者だ?!」と叫ぶでしょう!しかし、ただ相手のことを知りたい、というときに"Who are you?" は使ってはいけません。

正しい「どなた様ですか?」の言い方

それでは、正しい「どなた様ですか?」の言い方を学びましょう。

相手のひとに面と向かってなら、

"What's your name?"「お名前は何ですか?」と言うフレーズを使うのは普通です。自分の名前を先に名乗って "My name is..."(私の名前は...)でも始めるのもいいです。これに続けて "And you are...?" と聞けば、たいていの人が答えてくれるでしょう。

電話の場合は違うので注意しましょう。

電話の相手がわからないとき、話している相手が身元を明らかにしてくれるように尋ねたいのなら、この表現はどうですか?

"Who am I speaking to?"
"May I ask who's calling?"

もうちょっと丁寧にしたいのなら、 "I'm sorry" で始めましょう!

"I'm sorry, may I ask who I'm speaking to?"

ネイティブスピーカーのイチ押しフレーズ

ネイティブスピーカーの間で人気があるのはこのフレーズです。

"What was your name again?"「お名前をもう一度お願いします。」

このフレーズの場合、本当は相手はまだ自分の名前を名乗っていません。でも「あ、そういえば、お名前は頂いてましたっけ?」という感じなので、"What's your name?" よりもうちょっとフレンドリーな言い方で、知的でもあると思います。

英語で電話したときの名乗り方

最後にもう一つです!ボーナスとして、電話での英会話の質問に答えるコツを学びましょう!私が生徒さんと一緒に「英語で電話する」というロールプレイをすると、よく起こる間違いの一つです。

自分の名前を伝えるときは

"I am (Takeshi)" ではなく、

"This is (Takeshi)".
"This is (Yumi) calling."

と言いましょう。"I am..." という形式は相手の面に向かってじかに言うだけのときに使えます。電話だったら、必ず "This is..." という次のような形式になります。

今日のおさらい

上にご紹介した表現を使えば、英語で電話しているときの相手に、嫌な感じを与えずに身元を名乗るように頼めます。前述のフレーズ例は覚えておくと、とても便利だと思いますよ!

"Who are you?" は、英語のネイティブにとって特有の否定的なニュアンスを持っているので、フレンドリーなムードを保つには絶対に避けたほうがいいです。

しかし、もし本当に見知らぬ人が急にあなたのキッチンに入ったら、その時は

"Who are you?!"

を自由に叫んでもいいでしょう!

英語を活かすお仕事は「アーク@キャリア」

アークコミュニケーションズでは、英語に関するお仕事をご紹介しています。正社員、派遣社員、紹介予定社員等、働き方のニーズに合わせたお仕事を随時ご紹介しているので、英語を活かすお仕事をお探しの方は「アーク@キャリア」より、お気軽にお問い合わせください。

アークコミュニケーションズの人材紹介サービス「アーク@キャリア」はこちら

Knowing Whether the Future Has Happened or Not

Talking in English is one kind of struggle for learners, but one other type of struggle altogether is talking on the phone in English; especially for the first time. Imagine this: you receive a phone call and the caller is speaking in English. You answer the call, but you don't recognise the voice on the other end. What do you say? An acquaintance of mine's first instinct was to answer "Who are you?". I laughed and gave him my name; then, all was clear. But what exactly made that call so funny?

By and large, the question word (aka. Interrogative pronoun) "who" corresponds to the Japanese word「だれ」, so translating from one language to the other shouldn't be difficult, right? Let's say you're at a party. It's a party with both Japanese and foreign people alike. It's an excellent chance to make some new friends and hopefully practice some English! So, you point to someone across the room and ask your friend "Who is he?"「彼は誰だ?」. Very simple! If you wanted to be more specific, you could ask phrases such as:

"Who's that guy over there?"「あそこにいる男の人誰?」
"Who's the girl in the pink dress?"「あのピンクのワンピースを着ている女の子ってだれ?」

So, we approach this person for the first time and we ask... "Who are you?" ... Right?

Stop!!

When asking about other people, we can ask "Who is she?", "Who is he?", "Who are they?", etc. However, the one pronoun we shouldn't use is "you". It's quite odd, but it is just considered rude to ask someone "Who are you?", whether it's face to face or over the telephone. It is generally a phrase used in conflict, i.e. I am being defensive and I want to analyse you before I can decide whether I can trust you or not! If a burglar were to sneak into your open window and then bump into you in your kitchen, then you would ask "Who are you?!"「いったい何者だ?!」. But, it's a phrase we should not use if we want to get to know the other person.

Of course, when face-to-face with someone, we are very likely to use the phrase "What's your name?"「お名前は何ですか?」. Or we can start by saying "My name is..."(私の名前は...)which opens the floor for the other person to introduce themselves.

On the phone, however, we need to know how to ask the speaker to identify themselves. If you don't recognise the person speaking, you can ask these:

"Who am I speaking to?"
"May I ask who's calling?"

To add a little more politeness, you can start with "I'm sorry":
"I'm sorry, may I ask who I'm speaking to?"

We also like to use the phrase:
"What was your name again?"「お名前をもう一度お願いします。」

Perhaps the other person hasn't, in fact, given his or her name, but it's a nicer way to ask "What's your name?" without sounding ignorant.

As a bonus, it is very important to know how to answer the above questions! One common mistake I've heard from my students when we are role-playing phone conversations is introducing oneself with "I am (Takeshi)". This is incorrect, however - We only use "I am..." when meeting someone face-to-face. On the phone, it is necessary to say "This is...".

"This is (Takeshi)".
"This is (Yumi) calling."

The above phrases can help you to identify someone over the phone without sounding intimidating or critical. "Who are you?" has a very specific perception to it in English and should be avoided to keep a friendly atmosphere. Although, if you do see a stranger in your kitchen, you might not hesitate to shout "Who are you?!".

Neill McKeever

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
派遣女子会グルメブログ おいしい英語翻訳
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る