ベトナムの国花・ハスに込められた仏教の教えとは?|翻訳会社ブログ

ベトナムとベトナムの国花について

ベトナムの国花・ハスに込められた仏教の教えとは?

こんにちは、夏になると読書熱が断然高まるナホです。最近気になっているのは、仏教の名言を集めた本。読んだあとは心がスッと軽くなります。

読み進める中で、ベトナムの国花・ハスが仏教でとても大事な花としてあつかわれているのを知ることに。お釈迦様がハスの花に込めたありがたい話からベトナムのお国事情まで、一緒に見ていきましょう。

お釈迦様がハスの花に座っているワケ

ベトナムの国花がハスになったのは、国の7割近くを占める仏教徒たちに愛される花だったからだと言われています。 ピンク色の大きな花びらが特徴的なハスですが、実は仏教ではとても重要な意味を持つ植物。お釈迦様の座っている台座もハスの花ですし、仏教の説話の中にもストーリーの鍵を握る存在として、多く出てきます。

ハスは泥水の中で育ち、泥が濃ければ濃いほど大きな花を咲かせることで知られています。また、美しい花びらはまわりの泥水に汚されることなく咲き続けます。

お釈迦様はそんなハスの花の姿に、泥水のようにつらく悲しいことがあるからこそ迷いや悩みが消えてしあわせを感じられるし、強く生きられるようになるのだという、人生の真理を伝えたかったのかもしれませんね。

ベトナムには美しい仏教寺院がいっぱい

このようにベトナムは古くから仏教とのかかわりが深い土地。国内には数多くの仏教寺院が建てられ、国内外からたくさんの人が訪れているそうです。

なかでもホーチミン市内にある永厳寺(ヴィンギエム寺)は、日本とベトナムの友好関係の象徴でもある大きな鐘楼があることでも有名。 この鐘楼にはベトナム語で「平和の鐘」を意味する名前がつけられているほか、本堂には黄金の仏像が安置されており、国籍や信仰にかかわらず誰でも参拝することができるのだとか。

仏教の根付く国ということもあり、ベトナム人にはおだやかで真面目な人が多いと言われ、近年では多くのベトナム人をビジネスパートナーとして採用する日本企業も増えているそうです。

英語の勉強に熱心なベトナム人

ベトナムの公用語はベトナム語。標識などに英語表記がされていることもありますが、英語の教育が十分に普及しているとは言えず、英語が得意な人はまだまだ多くないそうです。

それでも最近では主要都市を中心に社会人向けの英会話スクールができたり、社内で英語を日常的に使う企業が増えてきたりと、英語学習の意欲は年々高まってきているのだとか。

関連サービス

このページの先頭に戻る