急成長するマンガ翻訳の歴史と未来│翻訳会社ブログ

マンガ翻訳の歴史とともに今後の展望について紹介していきます。

急成長するマンガ翻訳の歴史と未来

マンガ翻訳

強力な日本のソフトコンテンツとして世界的に注目が集まるマンガ。グローバル化や携帯端末の発展などにより、この分野での翻訳もまた需要が高まっています。今回はマンガ翻訳のポイントと、マンガ翻訳の歴史やその将来像について紹介していきます。

マンガ翻訳のポイント-ことばと文化とオノマトペ

マンガの翻訳の実情は、その仕事の表向きの華やかさや面白さとは異なっています。まず、マンガの翻訳者になるためには、ターゲットランゲージに精通しており、ネイティブ並の語学力が必要とされます。特に日本のマンガを翻訳する際は、高い語学力に加えて、日本文化特有のジョークや情感を異国の読者が理解できる形にして訳出するなどの文化理解とセンスが求められるのです。

例えば、静寂を表す「しーん」や、物がぶつかった時の「バンッ!」。これらは英語で何というのでしょうか。

こうした物が発する音や声を文字で表す「オノマトペ」と呼ばれる手法は、マンガの中に多く登場します。マンガ翻訳のポイントの代表例として挙げられるのはこうしたオノマトペの翻訳にあるでしょう。しかし、日本語で使われる表現でも、他の言語に置き換えられないオノマトペが多く存在することも事実です。マンガ翻訳者たちはこうした点をどのように克服しているのでしょうか?

マンガ翻訳を変えた「エーリカ語法」とは

ドイツのマンガ翻訳の先駆者であるエーリカ・フクスは、こうした困難を自身の創造性によって解決してきました。アメリカで出版されていたディズニーのコミック『ミッキーマウス』を翻訳していた際、彼女は多くのキャラクターに独自のドイツ名をつけました。例えば、作品に登場するビーグル・ボーイズには、ドイツ語で"戦車荒らし"を意味する『パンツァークナッカー』と命名しています。時には、訳出のため原作から完全に離れて、英語にはないジョークを織り交ぜることもありました。

こうした革新的で想像力豊かな取り組みのなかで生まれたのが、「エーリカ語法」と呼ばれるようになった、訳者がオノマトペを創りだす手法でした。例えば、キャラクターが喜んでいれば、「freu(ドイツ語で喜びの意味)」などの言葉をマンガに追加したのです。こうしてマンガ翻訳は大胆な発想によって進化してきました。

マンガ翻訳の未来

イタリアのマンガ翻訳者シモーナ・スタンザーニ・ピニ氏によれば、いまだに日本のマンガはバイオレンスやエロだけを取りあつかっている低俗なものだという偏見が存在しているため、マンガ翻訳者は肩身の狭い思いをしているといいます。

しかし、マーケットの拡大とともに、マンガ翻訳者はよりメジャーな存在として認知されていくことが予想されるでしょう。特に、電子書籍の発展はマンガ翻訳者にとっての追い風となり、新たなマンガ読者の獲得へとつながります。

お問い合わせ

翻訳サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

このページの先頭に戻る