残念なカタカナ英語「チャレンジ」/あなたの「チャレンジ」に「異議あり!」| 翻訳会社が送るニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』

残念なカタカナ英語「チャレンジ」

残念なカタカナ英語「チャレンジ」/あなたの「チャレンジ」に「異議あり!」

"I want to challenge English!"
"I'm going to challenge hot yoga."
"I'd like to challenge scuba diving."

英語を勉強している日本の人から、こういったフレーズをよく聞きます。新年とか、新しい仕事を始めるときなど、新しいきっかけにチャレンジして新しい趣味や生きがいを見つける人は珍しくないでしょう。体重を減らしたり、ヨガを始めたり、料理の腕前を上げたい人もいるかもしれませんね 。もちろん、英語の勉強も人気のあるチャレンジの一つです!

こういう新しいチャレンジをすることを、英語で宣言するときは、何というのでしょうか?

"Let's challenge them!"...かな?...じつは、違うんです!この「チャレンジ」は日本の人の良く使う間違い英語です。

(English version for international readers will follow the Japanese content)

間違い和製英語「チャレンジ」

「チャレンジ」という言葉は英語からの外来語ですが、残念ながら日本語において使われる「チャレンジ」の意味は、英語そのものの使い方からちょっとゆがめられてしまいました。

このせいで「チャレンジしようと思う」を 'challenge' を使って翻訳しようとすれば、失敗することが多くあります。英語のネイティブからすると、あなたの言いたいことと言っていることがかなり異なってしまうのです。

'challenge'の本来の意味とは?

「今年、英語にチャレンジしたい!」を英語で "I want to challenge English this year!" というとなぜ変なのでしょうか。

動詞として challenge は日本語でいう「チャレンジする」の意味が表現できなくて 「人に異議を唱える」という動詞になるのです。正確に使える例を見ていきましょう:

"She challenged my principles in life."「彼女は僕の生活信条に異議を唱えた。」
"The citizens challenged the government's new policy."「国民は政府の新しい政策に異議を申し立てた。」

全く意味が違いますね。動詞の challenge は何かの意見などに反対するときにしか使いません。

'try' と 'go' を使って正しく「チャレンジしよう!」

それでは「チャレンジしたい!」を英語で正しく表現するにはどうしたらいいのでしょうか?


1. もっとも簡単なのは 'try' です。

"The foreign visitors wanted to try fugu for the first time."「外国人観光客はフグにチャレンジしたがった。」

"give (something) a try" も簡単です。必ず 'give' と 'try' の間に文の目的語か代名詞を入れてくださいね。たとえば、"Give it a try!"(チャレンジしてみよう!)

"I've never been snowboarding before, but this year I'm going to give it a try."「スノボをやったことはないけど、今年チャレンジするぞ!」


2. 'try' じゃなければその代わりに 'go' を入れてもいいです。例えば、"give it a go"、"have a go" 。

"What are you afraid of? Give it a go!"「何が怖いの?チャレンジしてみてね!」

"have a go" の場合は目的語があとに続いて、前置詞の "at" も前に入れます。

"Why don't we have a go at aerobics?"「エアロビクス一緒にやってみないか?」


今回は間違い和製英語の「チャレンジする」をお直ししました!じゃ、最後にこのフレーズを英語で言ってみましょうか?Why don't you give it a try?

「今年は英会話にチャレンジしたい!」

英語を活かすお仕事は「アーク@キャリア」

アークコミュニケーションズでは、英語に関するお仕事をご紹介しています。正社員、派遣社員、紹介予定社員等、働き方のニーズに合わせたお仕事を随時ご紹介しているので、英語を活かすお仕事をお探しの方は「アーク@キャリア」より、お気軽にお問い合わせください。

アークコミュニケーションズの人材紹介サービス「アーク@キャリア」はこちら

I Challenge You To A Correction!

"I want to challenge English!"
"I'm going to challenge hot yoga."
"I'd like to challenge scuba diving."

For a Japanese person, these sentences are totally relatable, right? Whether it's the new year, or perhaps the start of the fiscal year, a lot of us see this as a kickstarter for a new activity or a new way of life. Maybe we'll start running to lose weight or take up yoga. Or perhaps how to improve our skills in the kitchen. But, of course, a popular choice is learning a new language; namely, English!

What do we say to new endeavors? "Let's challenge them!" ...Or maybe not. Like many English words, チャレンジ (from the English 'challenge') has been adopted into daily Japanese. Unfortunately, like many English words, the usage has been misinterpreted or skewed. In turn, when speaking English, Japanese people might rely on words like チャレンジ to express what they want to say. Depending on what follows 'challenge', you may be saying something very different from what you intended to.

In English, a challenge (noun) can be something of a setback, but also something that can enable us to reap benefits in the long run. We may inevitably suffer challenges in our career, for example, but we may also choose to endeavour to do something, however much of a challenge it may be. That is what Japanese people are thinking when they talk about a challenge. However, a challenge could also be something that questions something or someone, mainly in a critical manner. This is where the communication confusion comes into play!

Why is it strange, therefore, to say something like "I want to challenge English this year!"? As a verb, 'challenge' can only have the meaning of questioning or criticizing. Let's look at some correct uses of the word 'challenge' as a verb:
"She challenged my principles in life."「彼女は僕の生活信条に異議を唱えた。」
"The citizens challenged the government's new policy."「国民は政府の新しい政策に異議を申し立てた。」
A little complicated and differing in meaning, indeed!

If you want to 'challenge' something, but not in the above sense, how should we say it in English? The easiest word to use is 'try':
"The foreign visitors wanted to try fugu for the first time."「外国人観光客がフグにチャレンジしたがった。」
Alternatively, but commonly used, is "give (something) a try". For this phrase, the object of the sentence must come after 'give'.
"I've never been snowboarding before, but this year I'm going to give it a try."「スノボをやったことはないけど、今年チャレンジするぞ!」

Instead of 'try', we can also use 'go', such as "give it a go" and "have a go".
"What are you afraid of? Give it a go!"「何が怖いの?チャレンジしてみてね!」
When using "have a go", the object comes after and must be preceded by the preposition 'at'.
"Why don't we have a go at aerobics?"「エアロビクス一緒にやってみないか?」

Neill McKeever

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
派遣女子会グルメブログ おいしい英語翻訳
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る