「ハイテンション」は失礼なカタカナ英語| 翻訳会社が送るニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』

嬉しくて興奮するのネイティブ英語表現

「ハイテンション」は失礼なカタカナ英語!/嬉しくて興奮するのネイティブ英語表現

先週、僕は友達と後楽園に遊びに行きました。その日は結構有名な韓国のあるアイドルグループのライブが催されており、多くの若い女性が東京ドームへ群がって、興奮して飛び跳ねたり叫んだりする人もいました。みんながアリーナに入って音楽が流れだしてからも、中からすごいどよめきが聞こえました。あのファンたちの気持ちを言葉で表せばどうなるかな?ハイテンションでしょう!

(English version for international readers will follow the Japanese content)

「ハイテンション」はネイティブに誤解されるカタカナ英語

しかし「ハイテンション」は和製のカタカナ英語です。僕が思い出したのは、英語レッスンでのある生徒さんの発言です。
生徒:When my team won the baseball game it was high tension! 「自分のチームが野球の試合に勝ったから、ハイテンションだった!」

もしあなたが英語のネイティブスピーカーに "High tension" だと伝えたら、その人はあなたが精神的不安を訴えていると思ってしまうかもしれません!僕も彼に「どうして試合に勝った後に緊張した雰囲気になってしまったの?」と聞きました。

英語で "tension" で表現されるのは「緊張や不安」など、基本的にあまりよくない気持ちです。もしあなたがネイティブスピーカーに笑いながら "I am high tension!" と言ってしまったら「いったいどういう気持ちなの?」と思われてしまいます!

英語で正しく「ハイテンション」を表す表現

日本人の言いたい「ハイテンション=積極的なアゲアゲの気持ち」は英語でどう表すのでしょうか? "excited", "hyper", "crazy", "buzzed" のような言葉を使いましょう。

1. 最も一般的な言い方は "excited" と言います。
"I'm super excited about my trip to Thailand!" 「タイの旅行を前に、マジでハイテンションだ!」("super" をつけることで「めっちゃ」みたいな意味になります)

2. "Hyper"というのは結構子供のような極度の興奮を表します。落ち着きがない、という意味も含みますが、たまに大人も自分の気持ちを表すのに使います!
"The excitement of the party made the kids hyper" 「パーティーがすごく楽しくて子供たちはテンションが上がっていた。」

3. 大人が落ち着けないほどの興奮した気持ちはよく "crazy" で表します。 "crazy"というのはもともと気が狂った、頭がおかしいようなニュアンスで使う言葉でしたが、最近猛烈に興奮するという意味でもよく使われます。 "go" と一緒に使います。
"Everyone went crazy when the band came out on stage" 「バンドがステージに出たとたん、みんなはテンションがすぐ上がった。」

4. かなり若者言葉ですが "buzzed" もよく使われます。
"I'm feeling buzzed after getting his autograph!" 「彼のサインをゲットしてハイテンションだ!」

英語の 'tension' の本来の意味は?

ところで英語の "tension" は本来、どう使えばいいのでしょう? じつは "tension" は政治や国際関係のニュースなどでよく使われます:
"ease international tension" 「国際間の緊張を緩和する」

"tension" は名詞ですが、英語で気持ちを表すときは、形容詞を使うのが一般的です。気分や気持ちを表現する場合は形容詞の "tense" にして使いましょう:
"I always feel tense just before an interview". 「面接の直前はいつも緊張してしまう。」
"There was a tense silence in the room after the teacher got angry" 「先生が怒りだしたので教室は緊張で静まり返った。」

名詞 "tension" のままで使うのなら、極度に緊張するときに使います。成績の発表、面接などの直前を話すときによく使う表現です。
"The tension was unbearable" 「緊張が耐えがたいまでになった。」

Googleで検索すると、目でも理解できるよ!

日本の人がいったいどのように今の楽しいポジティブな文脈で「テンション」を使うようになったのかはわかりません。日本語で「ハイテンション」を探索したら一番上に出る結果はすごく有名な日本のアイドルグループのPVでした。案の定、このPVでみんなのメンバーはとてもエネルギッシュで、ダンスしたり飛び跳ねたりして興奮していました。

しかし、英語で同じように "High tension" で検索したら、結果は全然違いました。出たのはホラー映画などの結構グロい画像だらけです。日本と英語圏との "tension" の意味はまったく反対なので、英語のコミュニケーションで勘違いなどを避けるために "tension" の本当の意味をちゃんと覚えて、積極的の "excited" などの言葉をこれから使いましょう!

High Tension? Not For Me, Thanks!

When I was in Korakuen, I hadn't known that there would be a concert given by a very famous Korean boy band that night. There were a lot of young women flocking towards Tokyo Dome, a lot of them talking excitedly and some of them jumping around and screaming. But just when I thought that that was an excited atmosphere, once everyone was inside and the music had started, I could hear thunderous roars of excitement from outside! Think of those times when you felt very excited about something. How would you describe that emotion? High Tension!

If you told a native speaker that you had "high tension", he would probably worry about your current emotional stability. When a student described a baseball game she attended, she told me about the "high tension" after the game. I wondered why there was such an uncomfortable atmosphere, and so I asked her if something went wrong at that moment. Basically, in English, "tension" is not a good feeling. "Tension" is generally when someone or something is putting an emotional strain on you. It is often related to stress and anxiety. So if you announce "I am high tension!" with a smile on your face, do not be surprised if you are met with laughter!

So, how can I describe phrases such as "High tension" in English? If we're thinking positively, we need to think "excited", "hyper", "buzzed".
In the most standard way, we can use the word "excited": "I'm super excited about my trip to Thailand!" タイの旅行を前に、マジでハイテンションだ!
In a more slang form, you might hear "buzzed". "I'm feeling buzzed after getting his autograph!" 彼のサインをゲットしてハイテンションだ!
"Hyper" is a more extreme sensation, often used for children, in the sense of not being able to calm down: "The excitement of the party made the kids hyper" パーティーがすごく楽しくて子供たちはテンションが上がっていた。
For adults, "crazy" can describe this emotion. "Everyone went crazy when the band came out on stage" バンドがステージに出たとたん、みんなはテンションがすぐ上がった。Of course, crazy originally has a negative meaning, but it has become trendy to use it to describe excitement.

So when should you describe "tension" in English? Generally, when it comes to emotions, we prefer to use adjectives in English, so we are more likely to use the adjective form "tense", e.g. "I always feel tense just before an interview". 面接の直前はいつも緊張してしまう or "There was a tense silence in the room after the teacher got angry" 先生が怒りだしたので教室は緊張で静まり返った。 As a noun, you might often hear the phrase "The tension was unbearable" 緊張が耐えがたいまでになった when you were so nervous, perhaps while waiting for the result of your test! More often you'll hear "tension" being used in a political sense, such as efforts to "ease international tension" 国際間の緊張を緩和する

It's curious to me how Japanese people came to use the English word tension in a positive manner.
If you do a Google search for ハイテンション in Japanese, the first result is a music video by a very famous Japanese idol group. As one would expect, in the video, all the members are dancing around a lot in the video and there is a lot of positive emotions and energy flowing. However, when searching "high tension" in English, the first result is something completely different. You are greeted with the image of a rather gruesome-looking horror film titled "High Tension". This alone is a stark contrast to the difference in emotion expressed!

Neill McKeever

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
派遣女子会グルメブログ おいしい英語翻訳
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る