英語で『クセになりそう~』ってどう言うのか、派遣先のネイティブ同僚に聞いてみました!│派遣女子会グルメブログ おいしい英語

英語ネイティブに聞いた、おいしいものグルメ表現集。

【英語で『クセになりそう~』ってどう言うの?】

こんにちは!派遣で英文事務&ちょこっと翻訳をやっているミサキです。

転職して今の仕事についてから毎日のように英語を使っているんですが...意外と苦労するのが『英語で雑談』です。激しく同意なさるかた、多いのでは?

お仕事ではきちんと英語でコミュニケーションがとれるものの、かえって雑談のほうが細かいニュアンスで伝えたいことが多くなる気も...

とくに仕事の合間にお茶とかしてると『何食べてるのー』的に声をかけられ、うまくお菓子の味を伝えたり勧めるのはかなり難しいんです。日本のお菓子はおいしいのに、うまく伝わらない...。残念、というか、悔しい!

そこで!このブログでは苦労して集めた『英語で"美味しい"を伝える』表現をシェアします!
最初の表現は【英語で『クセになりそう~』ってどう言うの?】ですよ~!

いつからみんなチョコの虜に?

チョコレートのおいてある給湯室って、オフィスのオアシスじゃないですか?
チョコってオフィスで飲むコーヒーにも合います。どの国の同僚もだいたい喜んでパクついてるから、世界共通の人気者(everybody's favorite)なんでしょうね。いつごろ世界に広まったんでしょうか?

もともとは中央アメリカでカカオの栽培が始まり、先住民族のあいだで貴重なものとされていました。 
当時のチョコはスープ状で、砂糖ではなくトウガラシなどを混ぜていたそうで、今とは違った味わいだったらしいですよ。そして大航海時代(15世紀ごろ)にコロンブスによってヨーロッパに広まったそうです。飲みやすくする工夫をこらすうちにカカオバターを分離する技術が生まれ、現在の甘い固形チョコレートになったんだとか!

甘くなかったらこんなにクセになるお菓子じゃなかったかも...

【英語で『クセになりそう~』ってどう言うの?】

英語で『クセになりそう』はどう言うの?英語ネイティブの同僚に聞いてみました。

"This is addictive stuff!"(これクセになるやつだ!)
が近いんじゃない?とのこと。

"I'm addicted to chocolates!"(私、チョコ中毒なの!)
もOKだそうです。チョコ中毒...わかります。

"I can't live without it!"(これなしじゃ生きていけない!) 
イギリス出身の同僚によれば、有名なCMのフレーズ、だそうですよ!

"チョコ"っとだけなら、大丈夫?

チョコレートには、疲労回復効果もあって疲れたときにいいのです...今日は英語翻訳がちょっと多かったかな...集中してがんばったので疲れました。
  疲れた時はいつもよりたくさん甘いものを食べちゃうので、気をつけないと。

さあ、午後もう一息、がんばるぞ!

英語を活かすお仕事は「アーク@キャリア」

アークコミュニケーションズでは、英語に関するお仕事をご紹介しています。正社員、派遣社員、紹介予定社員等、働き方のニーズに合わせたお仕事を随時ご紹介しているので、英語を活かすお仕事をお探しの方は「アーク@キャリア」より、お気軽にお問い合わせください。

アークコミュニケーションズの人材紹介サービス「アーク@キャリア」はこちら

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
ニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る