英語で『その話、ちょっと怪しいなぁ』ってどう言うのか、派遣先のネイティブ同僚に聞いてみました!│派遣女子会グルメブログ おいしい英語

英語ネイティブに聞いた、おいしいものグルメ表現集。

【英語で『その話、ちょっと怪しいなぁ』ってどう言うの?】

英文事務と翻訳作業をしているミサキです。
夕方お菓子が食べたくなって、駅前で鯛焼きを買いました。

派遣勤務先のフランス人の同僚が食べたそうにしていたので、一口あげようと思って尻尾をちぎったら...あらら、尻尾までちゃんとあんこが入ってませんよ!?!?

鯛焼きの尻尾まであんこ論争!?

実は数十年前、鯛焼きの尻尾(しっぽ)にあんこが入っているべきか・そうじゃないかで大論争があったそうです。
とある文学者が「鯛焼きの尻尾にあんこは入れるべきでない。尻尾はつまむためのもので食べる部分じゃない」と新聞に寄稿したところ、全国から賛成・反対意見が殺到したそう。

この話を聞いた外国からの同僚、ニヤニヤしながらひとこと、

"Fishy."(魚っぽいね。)

え?鯛焼きが魚の形しているから?

英語で『その話、ちょっと怪しいなぁ~』ってどう言うの?

どうやらそうじゃなく、ほんとだか怪しい話を

"Fishy."(うさん臭いなぁ。)
って言うそうなんです。

いやいや、本当の話なの、その鯛焼き店今も有名なの、今度教えてあげる、
って必死に言ったところ信じてくれました。

他にも『えぇ?その話、怪しくない?』というソフトな表現に

"That must be an urban myth (legend)."(都市伝説でしょ~)

があるそうです。

餡はちゃんと入れてもらい鯛

話は戻りますが、私は断然、鯛焼きの頭から尻尾まで(fully filled from top to bottom)
あんこは入っていて欲しい派。

今度、鯛焼き屋のお兄さんにもそう言っておきます!

英語を活かすお仕事は「アーク@キャリア」

アークコミュニケーションズでは、英語に関するお仕事をご紹介しています。正社員、派遣社員、紹介予定社員等、働き方のニーズに合わせたお仕事を随時ご紹介しているので、英語を活かすお仕事をお探しの方は「アーク@キャリア」より、お気軽にお問い合わせください。

アークコミュニケーションズの人材紹介サービス「アーク@キャリア」はこちら

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
ニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る