英語で『夏においしいすもも漬』ってどう言うのか、派遣先のネイティブ同僚に聞いてみました!│派遣女子会グルメブログ おいしい英語

英語ネイティブに聞いた、おいしいものグルメ表現集。

【英語で『夏においしいすもも漬』ってどう言うの?】

派遣社員で英文事務と翻訳のお仕事をしているミサキです。だんだん気温が上がってきて、日によっては夏日の日も...

急に気温が上がるこの時期に重宝なのが、甘酸っぱいドリンクです。庭で採れる梅で砂糖漬けドリンクを作ったり、梅酒を作ったり。

昔懐かしい駄菓子にも、この時期むしょうに食べたくなるものがあります。真っ赤な『すもも漬』です!

この酸っぱさが暑気払い!?

すもも漬けはパックのフタに直接ストローを突き刺し、咳き込むほど酸っぱいシロップをチューチュー吸うのが醍醐味。この駄菓子のメインはすももより、すももが漬かっているこのジュースのほうじゃないかなぁ。

冷凍庫で凍らせてシャーベットにするという食べ方もこの時期おススメ。
凍らせると酸味が少し収まり、ほどよい酸っぱさのシャリシャリとした絶品シャーベットになるんです。

私にとって梅やすもものジュースを漬けたり飲んだりするのは初夏の風物詩みたいなものです。酸っぱいものは暑気払いにもなるそうですよ!

英語で『夏においしいすもも漬』ってどう言うの?

そういえば『すもも』は "plum"・『梅』も "plum" ...両者の区別は...?

ネイティブにメールで聞くと、どっちも "Japanese plum" で通じるそう。
バラ科の果実は同属が多いので、あんまり区別しないみたい。

それじゃ、夏においしい、という表現は?と聞くと

"summer/summery drink"
夏の/夏っぽいドリンク、って表現が使えるそう。

メールの最後にはこんな一文も...

Japanese plums in sweet wine is my favorite summery drink, too!
(私も夏の梅酒は大好き!)

...あぁ、やっぱり混乱してますね~。梅とすもも。
梅は "ume" って言ったほうがわかりやすいのかも。

百聞は一食に如かず。

それにしてもこのすもも漬は

"plums in syrup"(シロップ漬け)というには、あまりにもすっぱい!
"pickled plums"(酢漬け)を使ったほうがあの破壊力が伝わる気がします...!

梅酒と勘違いしてるネイティブの友達にも、すもも漬、ひとつ差し入れてあげようっと。

このパンチの利いた味は、いちど味見しないとわからないですからね!!!

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
ニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る