世界のお菓子リポート【ベルギーのワッフル】│派遣女子会グルメブログ おいしい英語

旅する派遣女子けい子・世界のお菓子をリポート・今回は【ベルギーのワッフル】

世界のお菓子リポート【ベルギーのワッフル】

~旅先からお菓子レポート~

ベルギーを旅行中のけいこです。日本で有名なベルギー菓子はなんといってもワッフルだと思います。ベルギーワッフルには大きく分けてリエージュワッフルとブリュッセルワッフルの2種類があります。

リエージュワッフルは生地に厚みがあり、しっかりとした食感を楽しむことができます。日本でベルギーワッフルといわれるのはこのリエージュワッフルです。一方、ブリュッセルワッフルは生地がふわっとしていて、さくっとした食感です。

ハチの巣の格子模様を意味するワッフル

リエージュワッフルとブリュッセルワッフルの食 感の大きな違いはレシピにあります。イーストを使って小麦粉生地を発酵させるリエージュワッフルに対し、ブリュッセルワッフルはベーキングパウダーを使って膨らませるため生地がふわっとしていて、外側はさくっとした食感です。アメリカンワッフルにそっくりなのですが、これはオランダ系移民によってブリュッセルワッフルのレシピがアメリカに伝わったからなのだそうです。

ワッフルの語源は "wafla" 古代フランク族の言語で『蜂の巣』だといわれています。古代の言葉が語源となっているためか、各地域や国によってレシピが豊富なだけでなく、国により呼び名もさまざまです。日本では別のお菓子とされるウェハース、ワッフル、ゴーフル、すべてが異言語で表現されたワッフルのことだそうです。

リエージュワッフルの独特なレシピは18世紀にリエージュ司教のお抱えシェフがつくったといわれますが、それを一般に広めたのはフランスの料理人アントワーヌ・ボーヴィリエだそうです。パリで初めて高級レストランをひらいたひとで、フレンチ史上初のオーナーシェフだそうです。

フランスもワッフル愛好ではベルギーにひけをとらず、16世紀の半ばにはワッフル職人同士のケンカを防ぐ目的でワッフル店が隣接するのを禁止した法律があったそうです。美食で知られたカトリーヌ・ド・メディチが定めた、とも言われています。

お菓子ノート・メモ【ベルギーのワッフル】

出会った街:リエージュ

発祥の地:古代ヨーロッパ

語源:フランク語(古代フランク人の言語)

いろいろな言語表現: waffe, wafre, wafer, wâfel, waufre, iauffe, gaufre, goffre, gauffre, wafe, waffel, wåfe, wāfel, wafe, vaffel, and våffla

登場人物:アントワーヌ・ボーヴィリエ 1754~1817年(18世紀のフランスの料理人・パリで最初のレストランを開店 )

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
ニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る