お問い合わせ

Close

お問い合わせ
お問い合わせ

英語の数字の単位を解説!混乱しがちな単位表記や読み方を整理しよう

英語の数字の単位を解説!混乱しがちな単位表記や読み方を整理しよう
2023-04-28 13:00

日本語と英語では、数字の単位や表記の仕方に違いがあります。日英翻訳や英日翻訳では、この違いをふまえた上で正しく翻訳することが、高品質な翻訳のためのポイントとなっています。混乱しがちな英語での数字表記について整理してみました。

日本語と英語、数字の単位の違いを整理

日本語と英語では、数字の単位の桁の上がり方が違います。日本語では「一」、「十」、「百」、「千」、「万」までは1桁増えるごとに単位があり、「万」以降は「億」、「兆」、「京(けい)」、「垓(がい)」、...と4桁増えるごとに単位が変わっていく仕組みです。

一方の英語は「one」、「ten」、「hundred」、「thousand」までは1桁増えるごとに単位があり、「thousand」以降は「million」、「billion」、「trillion」、...と3桁増えるごとに単位が変わっていきます。

数字 日本語の表記 英語の表記
1 one
10 ten
100 one hundred
1,000 one thousand
10,000 一万 ten thousand
100,000 十万 one hundred thousand
1,000,000 百万 one million
10,000,000 千万 ten million
100,000,000 一億 one hundred million
1,000,000,000 十億 one billion
10,000,000,000 百億 ten billion
100,000,000,000 千億 one hundred billion
1,000,000,000,000 一兆 one trillion
10,000,000,000,000 十兆 ten trillion
100,000,000,000,000 百兆 one hundred trillion

お店で見かける値札やビジネスで使われる文書などでは「1,000」や「1,000,000」といった形で、3桁ごとにカンマを打つ数字の書き方がよく使われます。これは3桁上がるごとに単位が変わる英語の単位表記に合わせたものです。日本の数字の単位で数える時にはややこしいですが、英語の単位表記では数えやすい書き方となっています。

小数と分数の表記や読み方

続いて、小数と分数の英語での表記や読み方について説明していきましょう。

小数の英語の読み方は日本語と同様で、小数点「.(point)」から下は数字を順に読み上げていきます。たとえば円周率「3.1415...」を英語で読むと「three point one four one five...」となります。ただし、小数点以下が2桁の場合、例えば「3.14」は「three point fourteen」といったように、2桁の数字の表現を用います。また、小数点以下の「0」は「zero」ではなく「oh」と読まれることが多いです。

分数の読み方と表記は日本語と違い、少しややこしいです。たとえば日本語では「1/5」は「5分の1」と、分母→分子の順に表します。一方の英語では「one-fifth」と、ハイフンをはさんで分子→分母の順に表します。このとき、分子は数字(one、two、three、...)、分母は序数(first、second、third、...)で表すのがポイントです。
また、分子が複数の場合は、分母の序数が「seconds、thirds、...」と複数形に変化します。たとえば「2/5」は「two-fifths」となります。
ただし、「1/2」は「a half」とも表すほか、「1/4」はアメリカ英語では「a fourth」、イギリス英語では「a quarter」と表すこともあります(これらの「a」は「one」と同じ意味で使われます)。

ローマ数字のルールを整理

つぎに、日本ではおもに時計の盤面やゲームのタイトルのナンバリングで使われる「ローマ数字」のルールを整理してみましょう。

  • 基本となるシンボル:「I=1」「V=5」「X=10」「L=50」「C=100」「D=500」「M=1000」
  • 基本の数字の「V=5」「X=10」に1足りない「4」と「9」は、基本の記号の左側に足りない分の「I」を記入する:「IV=4」「IX=9」
  • 6、7、8は基本となる「V=5」の右側に足す分の数字「I=1」「II=2」「III=3」を記入する:「VI==6」「VII=7」「VIII=8」
  • 2桁以上の数も同様に、基本となるシンボルを組み合わせる

このルールに従うと、XIV=14、XXVI=26、CC=200、MCCXXXIV==1,234のように、どんな数字でもローマ数字で表せます。

電話番号や住所、金額などを英語で伝える際の読み方

最後に、電話番号や住所、金額などを英語で伝える際の読み方とコツをご紹介します。

1. 電話番号

  • 基本的にはひとつひとつの数字をそのまま英語にする
  • 「0」は「ゼロ」、または「オウ」と読むことがある
    例)日本の110番(緊急通報)にあたる「110」は「ワン ワン オウ」

2. 住所やルームナンバー

  • 3桁は最初の数字とそれに続く2桁の数字に分ける 例)510→five ten
  • 4桁は2桁+2桁に分ける 例)2378→twenty three, seventy eight

3. 金額(ドル)

  • 基本の単位は、dollar(ダラー)とcent(セント) 例)1ドル=100セント
  • 単位を省いて読むことが多々ある
    例)$1.50 (one dollar and fifty cents ):one fifty
    例)$51.83(fifty one dollar and eight three cents):fifty one, eighty three

4. 混乱してしまいがちな数字の識別法

  • 「15:one five」、「50:five zero」とすることで読み分け、聞き分けの混乱を避ける

英語翻訳はアークコミュニケーションズにお任せください

アークコミュニケーションズでは、日英翻訳などの際に記号の使い方や数の表記の仕方などといった英文のスタイルを統一するために「The Chicago Manual of Style」をベースに独自のスタイルガイドを策定しています。翻訳者全員がスタイルガイドを順守して翻訳することに加えて、チェック担当者(チェッカー)もスタイルガイドを基準としたチェックを行うことで、高品質な英語翻訳を提供しています。

アークコミュニケーションズの英語翻訳実績

  • 通信系会社:「海外法人・グループ企業向け社内報」日英翻訳、英日翻訳、リライト作業、DTP作業、印刷
  • 半導体メーカー:「会社案内冊子」英日翻訳、DTP作業、印刷
  • ソフトウェア会社:「プレスリリース」英日翻訳
  • スポーツ競技団体:「英語のキャッチコピー」日英翻訳
  • 製薬会社:「定時株主総会招集ご通知」日英翻訳
  • 種苗会社:「IR資料」日英翻訳、英日翻訳
  • メディア会社:「TCFD提言に沿った情報開示」日英翻訳、DTP
  • 電機メーカー:「就業規則・規程」日英翻訳
  • 外資系医療装置メーカー:「売買契約書」英日翻訳
  • 官民ファンド:「新規WEBサイト」日英翻訳、ネイティブチェック
  • 大学:「英文サイト新規ページ、動画コンテンツ」日英翻訳、字幕翻訳、映像編集
  • 大学:「大学案内パンフレット」日英翻訳、デザイン、印刷
  • 国内食品会社 :「企業方針発表会(1時間18分)」字幕翻訳(日英)、映像編集作業(黒帯追加) 、焼付作業
  • 出版社:「漫画:16タイトル(各20話)」日英翻訳
  • 医療機器メーカー:「医療機器関連ソフトウェア マニュアル」英日翻訳
  • 製薬メーカー:「GMP監査資料」日英翻訳

日英翻訳、英日翻訳などの英語翻訳にお困りでしたらアークコミュニケーションズにお声がけください。
些細な内容でもご相談いただければ、ご要望に寄り添った適切なソリューションをご提案いたします。

もちろん、英語以外の翻訳にも対応しておりますので、ぜひお問い合わせください。

英語翻訳サービスの詳細はこちら

お問い合わせはこちら

関連サービス

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

翻訳料金表ダウンロードはこちら

料金表

翻訳の見積もりは無料で承っております!

見積もり依頼

お電話でもお問い合わせ頂けます
(受付時間/平日10:00~18:00)

03-5730-6133

本サイト(www.arc-c.jp)は、快適にご利用いただくためにクッキー(Cookie)を使用しております。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。
なお本サイトのCookie使用については、「プライバシーポリシー」をご覧ください。