見た目は難解でも意外にわかりやすいヒンディー語│翻訳会社ブログ

インドの公用語ヒンディー語とその文字デーヴァナーガリー文字

見た目は難解でも意外にわかりやすいヒンディー語

アークコミュニケーションズ,翻訳サービス,ヒンディー語,デーヴァナーガリー文字

インドには1,500以上の言語があり、それらがさらに多くの方言で話されていることを知っていますか? 方言はともかく、わたしたち日本人のように単一言語によってコミュニケーションをとる国民からすると、これは想像もつかない世界。今回は、その中でも一番多くのインド人が話しているヒンディー語について紹介したいと思います。

公用語をネイティブとして話すのは国民の半分以下

ヒンディー語は、インドの連邦公用語、すなわち「公に使う言葉」として国から指定されています。だからといって、すべてのインド人がヒンディー語を話せるわけではありません。ヒンディー語をネイティブとして話すインド人は全人口の40%程度。逆に言えば、人口の半分以上が公用語を母語にしていないのがインドという言い方もできます。

インドにはヒンディー語のほかに、ウルドゥー語やベンガル語、パンジャービー語、タミル語、テルグ語、マラヤーラム語、グジャラーティー語、マラーティー語などが存在しています。すべてを数えると1,500言語を超えるというのは、日本人からしたら実に驚異的な世界と言えそうです。

母音と子音を組み合わせてつくるデーヴァナーガリー文字

実はヒンディー語は、英語やフランス語の遠い親戚にあたるといわれます(インド・ヨーロッパ語族)。文字には「デーヴァナーガリー」と呼ばれる文字を使います。これは、タイ文字やクメール文字、ビルマ文字と同じ祖先から派生した文字です。

これらの文字に共通する特徴は、子音を表す記号と母音を表す記号を組み合わせてつくられているところ。なので、この組み合わせの法則と文字の形さえ覚えてしまえば、書くこと自体はそう難しくありません。では、実際に「カキクケコ」の例を、インド国内で使われているヒンディー語に近い言語と比較して見てみましょう。

ヒンディー語:काकीकुकेको
ベンガル語*1:কাকিকুকেকো
パンジャービー語*2:ਕਾਕੀਕੂਕੇਕੋ

*1 おもにインド・ベンガル州およびバングラデシュで話される言語
*2 おもにインド・パンジャーブ州で話される言語

ヒンディー語では「क」が子音の「k」にあたり、上下左右に付属している線や記号が母音となります。文字をつないでいる上部の横線は「シローレーカー」と呼ばれ、つながっている一連の文字が単語になります。また文末には、ピリオドになる縦棒をあしらいます。

多様な文化の影響を受けた言語

ヒンディー語の語順は主語・目的語・動詞の順に並ぶので、これは日本語と似ています。

「私は日本人です」:मैं जापानी हूं।(メーン・ジャーパーニー・フーン)

「私は」:मैं(main メーン)
「日本人」:जापानी(jaapaanee ジャーパーニー)
「です」:हूं(hoon フーン)

さらに、ペルシャ語やアラビア語、英語、サンスクリット語など、ほかの言語からの借用語が多いのも特徴です。これは、インドが歴史上、周辺の国から多様な文化の影響を受けてきた証拠です。似た意味の単語が複数存在していることも特徴の一つです。例えば、「映画」を表す単語には「चलचित्र」(chalachitr)と「फ़िल्म」(film)の2つが使われます。発音を見てわかるように、後者は英語を語源とする単語です。

パッと見にとっつきにくいヒンディー語とデーヴァナーガリー文字。このように、その起源や法則を調べていくと、俄然と興味が湧いてきませんか? アークコミュニケーションズの翻訳は、こうした非英語圏の言語も得意としています。ヒンディー語の翻訳をお考えの際には、ぜひアークコミュニケーションズにご相談ください。

お問い合わせ

翻訳サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

このページの先頭に戻る