英語で『心機一転がんばる』ってどう言うのか、派遣先のネイティブ同僚に聞いてみました!│派遣女子会グルメブログ おいしい英語

英語ネイティブに聞いた、おいしいものグルメ表現集。

【英語で『心機一転がんばる』ってどう言うの?】

派遣勤務先で英語翻訳と英文事務をがんばっているミサキです。

春この季節になると、派遣勤務先の外国出身の同僚たちのメンバーも少し入れ替わります。今日はフロアが変わる同僚の送別会。

和菓子はヴィーガンもいるうちのオフィスでは定番おやつです。この季節にぴったりの桜餅を用意しました。

道明寺と長命寺の違いって!?

桜餅にはクレープ状のものと、半透明の餅で包まれたものがあります。
さっそく「ミサキ、2種類あるけど、違いは何?」との質問が...あんまり考えたことなかったなぁ。

スマホで検索してみると、クレープ状のほうは長命寺、餅タイプは道明寺と呼ばれるそうです。長命寺は関東、道明寺は関西が発祥だそう。知らなかった...!

塩漬けの桜の葉ごと齧った同僚、しょっぱさにびっくりした様子。

「この葉っぱの皮は剥くの?」

...うーん、この塩漬けの葉は日本人でも好き好きが分かれるところですよね。私、道明寺なら剥かないけど、長命寺なら剥くかなぁ。どうでしょう?

英語で『心機一転』ってどう言うの?

好きじゃなかったら剥いて食べるんだよ、と教えたところ、あぁ、と言いながらぱくり。今度は親指を立てて、気に入ったようです。

次の部署でもがんばってね、というと、食べ残した塩漬けの葉っぱをピラピラさせ、嬉しそうに
"It's a good chance to turn over a new leaf!" と笑います。

この "turn over a new leaf" という表現は「新たなページ(leaf)をめくる」から転じて「新しい環境で心機一転する」とか、いう意味だそう。

向島・長命寺の小噺

桜餅を気に入った同僚はスマホで作り方や由来なんかを検索。
そのうちに「ミサキ、ここの部分を翻訳して!」と言い出しました。え~!?桜餅の小噺~?

「向島で桜もちの皮ごと食べている男がいた。
  あんた、皮をむいて食べたほうがいいですよ、と言ったら、
   あぁはいと隅田川を向いて食べた」

これを英語翻訳するのはなかなか大変ですよ...!?


【おすすめ☆関連記事】江戸時代発祥のあま~い和菓子は"Natto"なのに美味しい!?
   ↓  ↓  ↓
【英語で『甘いものに目がない』ってどう言うの?】

【おすすめ☆関連記事】桜餅はピンク、じゃあ、あの鶯グリーンのお餅は?
   ↓  ↓  ↓
【英語で『ガッツリお腹にたまるおやつ』ってどう言うの?】

英語を活かすお仕事は「アーク@キャリア」

アークコミュニケーションズでは、英語に関するお仕事をご紹介しています。正社員、派遣社員、紹介予定社員等、働き方のニーズに合わせたお仕事を随時ご紹介しているので、英語を活かすお仕事をお探しの方は「アーク@キャリア」より、お気軽にお問い合わせください。

アークコミュニケーションズの人材紹介サービス「アーク@キャリア」はこちら

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
ニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る