世界の多言語で『乾杯!!』ってどう言うのか、派遣先のネイティブ同僚に聞いてみました!│派遣女子会グルメブログ おいしい英語

英語ネイティブに聞いた、おいしいものグルメ表現集。

【世界の多言語で『乾杯!!』ってどう言うの?】

ミサキです。派遣勤務先の年末イベントが催されるということで指定されたところに集まっているのですが...あらら、なぜか会場は料理教室の大きな調理場です。

「チームビルディング in キッチン」というトレーニングを兼ねたお料理イベントだそうです。

メンバーの食文化、あわなすぎ!!!

出身地も食文化も違うメンバーが幾つかのグループにまとめられ、調理場に用意されたさまざまの食材から好きなものを選んで料理してみんなの前でプレゼン、最後は持ち寄ってパーティだそうです。

私のチームは...なんと、ヴィーガンとローカーボ命のメンバーがいます...けっこう前途多難かも...

全員が食べられるものを作ろうと提案するメンバーもいれば、同じメニューにこだわらず幾つかのメニューを作ったらどうか、というメンバーもいます。

代替食材は 'replacement' と 'alternative'

ヴィーガンとローカーボ食のメンバーが食べられるもの...というと、お肉も炭水化物も抜きのメニューになっちゃいます...どうしよう!?

ミサキ、食べ物詳しいでしょ、何かない!?と聞かれるものの...うーん。まずはみんなが食べたいものを選んで、それを食べられる食材で作っては?と提案してみました。

"ハンバーガーが食べたい"というコメントでメニューは決定。食べられないものを「差し替え」することになりました。ネイティブの同僚によると食材の差し替えは英語で 'replacement' とか 'alternative' と表現されるそう。

ローカーボのメンバーにはパンの代わりにレタスを、ヴィーガンのメンバーには肉の代わりに豆腐のソテーを挟むことに。もちろん、私は普通にハンバーガーです。

世界の多言語で『乾杯!!』ってどう言うの?

どのチームも苦戦していたようですが、私たちのチームは"食に関するお互いの好み"を尊重しながらもなんとか"全員が同じメニュー"を食べることが出来ました。これはこれで、アリですね。

文化の違う同僚と働くことは思いがけないことがいろいろありますが、ちょっとやり方を変えるだけで、みんなで同じ経験をシェアすることは可能なのかも知れませんね。

最後は全員で乾杯です。乾杯!って...全員バラバラの言葉で何か言ってます~♪...興味のある方は翻訳会社アークコミュニケーションズのサイトをぜひご覧ください!
    ↓   ↓   ↓   ↓


【おすすめ☆関連記事】どうぞ様々な言語の「乾杯!」をチェックしてみてください!
【世界中の人々と乾杯!世界の言葉44言語】

【おすすめ☆Youtube英会話】英語面接や英語ミーティングでの好感度アップ術を伝授!
【英語で面接、英語で会議!英語ミーティングの基礎マナー】

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
ニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る